お知らせ

第6回オンライン講演会

『山形大学農学部寄附講座  食料自給圏圏「スマートテロワール」形成講座の5年間の歩み』

スマート・テロワールの構想を提唱した松尾雅彦氏は山形大学農学部に、2016年から5年間にわたって寄附講座を寄贈しました。寄附講座の目的はスマート・テロワールの実証実験でした。

松尾氏は大学の役割として、モデル農場(セントラル農場)を経営しつつ農畜産業や食品業に携わる地域住民に対するエクステンション活動を展開することをゴールにしていました。

寄附講座は本年3月に終結を迎えました。今回のオンライン講演会はこれまでの5年間の歩みとその成果報告会という位置付けになります。

寄附講座の5年間で松尾氏の掲げたこのゴールがどこまで見えてきたのか楽しみにしていただければ幸いです。

寄附講座の成果は万人の物であるべきという松尾雅彦氏の遺志に基づき、今回の視聴は参加費無料とし、記録もYoutubeで誰でもいつでも視聴可能といたします。

ふるってご参加ください。

 

参加ご希望の方は以下のアドレスに空メールをお送りください

 

st66@nagai-inc.online

 

【開催日時】

2021年6月6日(日) 13時00分~16時00分
※15分前よりオンライン会場へ入室が可能です。

【見逃し配信予定日】
2021年6月9日(水)にご登録アドレスへ視聴先URLをご案内予定です。
オンライン配信方法
Zoom

【講師】
山形大学農学部 教授   浦川 修司
山形大学農学部 准教授 松山 裕城
山形大学農学部 助教   中坪 あゆみ
山形大学農学部 准教授 桒原 良樹

【参加費用】
無料

 

参加ご希望の方は以下のアドレスに空メールをお送りください

 

st66@nagai-inc.online

 

山形大学農学部では、カルビー株式会社元社長の故松尾雅彦氏のご寄附により、平成28年から寄附講座『食料自給圏「スマート・テロワール」形成講座』を開設し、山形県庄内地域において「庄内スマート・テロワール」の実現に向けた取り組みを行ってまいりました。

本講座では、余剰水田や耕作放棄地を活用して、耕畜連携、農工連携、工商連携によって輸入原料に依存している加工食品を、
地域産原料”を活用した加工食品に置き換える取組みを行ってきました。また、庄内地域の農業者、加工メーカー、スーパーマーケット等と連携を図りながら農畜産物を生産し、この
年間においてウインナーソーセージ、ロースハム、ベーコン、味噌、コロッケ、中華麺や麦切り等の加工品を開発してきました。

残念ながら松尾氏は志半ばで急逝されましたが、山形大学農学部では松尾氏の熱い想いを引継ぎ、氏の構想の実現に向けて邁進しております。本セミナーでは、寄附講座がこれまでの5年間で取り組んできた内容やその成果、今後の方針などについてご紹介します。


農業にご関心の方、地域づくりにご関係の全ての皆さま。
是非是非ご視聴ください。