スマート・テロワールの実践者たち

スマート・テロワール協会は2020年12月よりオンラインにて毎月一回講演会を開催しております。

日本の各地域でスマート・テロワール構想を実践的に展開されておられる方々にご登壇いただき、スマート・テロワール構想に関心をお持ちの方、またこの構想を積極的に実践されている方、あるいは実践に踏み出そうとされている方々に情報提供を行なっております。

この情報がスマート・テロワール構想のさらなる深化と進化の化学反応を誘発する触媒になることを期待しております。

ここでは毎回の講演の解説と問題提起を協会理事の藻谷浩介さんにお願いして開陳していただいております。

なおこの藻谷氏の論考は月刊誌『農業経営者』に掲載されたものです。

同誌の昆編集長のご厚意により転載のお許しをいただきました。

昆編集長には改めて厚く御礼申し上げます。

 

 

業種を超えた企業戦略のお手本”王道の農業経営”

日本における、“農業経営の王道”とは何か。農協の言うとおりに農薬と肥料と農機を買い、当局の言うとおりに日本スケールの“大規模集約化”を試みて、米を作れば王道… だった時代があるのだろうか。

ダウンロード
スマート・テロワールの実践者たち第5回.pdf
PDFファイル 1.3 MB

信州の小さな町で、非農家出身の若者たちが創業した牧場の未来

長野県で一番面積が小さく、人口も1万人少々の小布施町。そこにUターンして出版業を営む父に、「荒野」と名付けられた木下青年。「荒れ野の預言者」ヨハネにちなんだのか、荒野を開拓する者たれということか、その名の通りに少年時代から酪農を志し、修業を積んで、故郷に「小布施牧場」を創業した。

ダウンロード
スマート・テロワールの実践者たち−4.pdf
PDFファイル 1.1 MB

志産志消が息づく「当地ならでは」×「この人ならでは」

皆がなんとなく当たり前と思っていることほど、「本当にそうなのか」が、深くは考えられていないものだ。「農業は男が主導するものだ」とか、「高額すぎる国産食材は売れない」とか、「平地のない山村は農業不適地だ」とか、「乳牛の肉はおいしくない」とか、我々は機械的に、何の根拠もなく思い込んでいる。

ダウンロード
スマート・テロワールの実践者たち3.pdf
PDFファイル 1.1 MB

天地人の一致が生んだ耕畜連携の鏡

岩手県花巻市は宮沢賢治ゆかりの地だ。彼の童話「グスコーブドリの伝記」では、冷害で米の不作に苦しむ人たちを救うために、若い主人公が命を捧げる。しかし、当地にとってそれほどに大事なものだった水田が、今は余りに余る時代となってしまった。

ダウンロード
スマート・テロワールの実践者たち-2.pdf
PDFファイル 870.3 KB

「農民として幸せに暮らすため」に始めた放牧酪農

1947年に祖父たちが水田として開拓し、1963年に祖父と父たちが酪農を始めた、利根河畔の湿地。2005年に初めて、思い切って牧草地に牛を放ってみた朝、牛たちは本当に嬉しそうに、生まれて初めてのはずなのにまるで生まれたときからそうしていたかのごとく、大地に生えた草を噛み始めたという。

ダウンロード
スマート・テロワールの実践者たち-1.pdf
PDFファイル 910.6 KB