月山高原小麦収穫報告 2021.06.30

月山高原集約農地での小麦の収穫が始まりました

次のurlからご覧いただけます

https://drive.google.com/drive/folders/1WFOeBb0nUEMErix30JZcFGSOFRE31XFQ?usp=sharing

月山高原農地委員会からの報告  2021.05.26

月山高原活動について、かねてから要望頂いていたNDVIマップについて、先日5/24NDVI(植生指数)解析の為のマルチスペクトルドローン撮影を実施し、解析を行いました。生産性向上、生産コストの抑制、自然への配慮の一つのツールとして、解析結果を月山高原農地委員会ホームページ上にアップしましたので、ご報告致します。

NDVI は、世界規模での干ばつや農業生産量のモニターリングと予測、火災危険ゾーンの予測支援や砂漠化の把握などに頻繁に使用されます。また、NDVI は、日照条件、地表面の傾斜角度、傾斜方向やその他の外的要素の影響を補正できる点から、世界規模の植生モニターリングに適しています (Lillesand 2004)。

 

植物が持つ太陽放射エネルギーのスペクトル反射特性を利用し、赤色のバンドと近赤外 (NIR) バンドの反射量の差分から植物の成長密度や活性度をモニターリングできます。緑色の葉は、一般に、目に見える波長領域よりも近赤外の波長領域でよく反射します。植物が水分の欠乏によるストレスや病気、枯死しているような場合、植物の黄色の色合いが強くなり、近赤外領域の反射が著しく減少します。

緑が健常で黄色⇒赤色に進むにつれて不健康となります。 

https://gassan.aintecweb.com/

高田庄平さんからの報告2021.03.31

月山高原で畑作穀物の栽培技術開発を進めている高田庄平さんからの報告です。

2020年度の活動報告と2021年度の活動計画が記載されています。

ダウンロード
210321高田スマテロ活動報告2020と2021計画.pdf.pdf
PDFファイル 90.2 MB

2020年度活動報告

月山高原活性化通信No.2              2020.12.1