東信事業報告2020.4〜8

2020年度 4月〜8月末 事業報告書

重点施策

1NPOの活性化

2東信スマート・テロワール構築戦略の再検討

3賛助会員募集

 

 

事業名

事業内容

2020年度計画

8月までの実績

組織強化事業

会員の増強 目標200

目標 200(予算上は80)

数を追うのは止め、キーマンの獲得に重点

事務局の増員(パート)

 

7月末でパートに辞められてしまった。 時給を1500円から1800円にして募集中

賛助会員の増強(資金集め)

各種住民組織、各種業界組織を周り説明し賛助 会員を募る。500万円目標(予算上は50万円) 新聞等メディへの広告、提言 案内書郵送1500@140、諸経費

年度前半は消極的でした。後半進めます。

今年度後半に力を入れる

パンフレットの作成

5,000枚作成@4

未発注。

スマート・テロワール協会と連携

理事会、全国のイベントへの参加

ST協会戦略会議、役員会に参加

諸団体との連携推進

長野大学と継続。新たな数団体を発掘する

北信ST(勝俣信州大学助教)との連携ができ た。お互いに定例会に参加する合意確認

ホームページの更新

夏前には完成する

パートさんがやる予定であったが頓挫。

外注することを理事会で決定、交渉中。

NPOの活性化

ZOOMを活用して進める

資金運用審議会を設置(効・適正な運用の為)

未定

東信スマート・テロワール推進戦略再検討

年内に会員の意識調査を行う。

 

研究学習

 

スマート・テロワール研究会

2回行う。

コロナのため年度前できなかった

後半計画中

 

月例会

毎月行う。

コロナのためできなかった。Zoom で月1回の開催を決めた。

各種セミナー、視察等参加

 

庄内と北信スマート・テロワールを連携

コロナの影響でできず。

政策提案資料作成

資料を入手し分析・作成・県・農水省への提言(スマ ート・テロワールの有効性)

佐久広域の屠殺場が廃止の方向で危機。畜産 業界からの依頼で存続の応援を模索中。

農工連携 事業

モデル農場構築推進

りんごを生かした地域振興

葡萄を生かした地域振興

中山間地の適地を見つけ、水田を集約して畑地転換を 計画、穀物輪作畑地の確保

 たてしなップル(小宮山会員)が小規模りんご農家の 受託醸造連携。

たてしなップル(小宮山会員)が小規模葡萄栽培農家 と受託醸造連携。

伊澤会員がワイナリー建設を計画

2haの予定地を見つけたが農水省の補助金を 活用するには最低5haは必要なので模索中

たてしなップルの醸造用自給りんごは1ha, 受託は0.5haとなった。

小規模葡萄農家(移住者)2戸と醸造受託連 携ができた。

ワイナリーは計画中 放棄農地の葡萄畑を0.2ha拡大。

耕畜連携 事業

畜産農家と飼料穀物農家の連携事業

放牧養豚の研究・拡大

子実トウモロコシ試験栽培の助成を継続。畑地拡大の ため参入農家を開発


10a 当り 3.5 万円の助成金 100a 畜産農家への乳酸菌支給助成(729-460)

 

放牧養豚マニュアルの作成

 小規模放牧養豚農家の拡大

畜産業者がコロナの影響で苦境にあり、進まない。

角田大徳会員が子実トウモロコシ作りに挑戦したが、鹿害にやられ、ほぼ全滅。残念。

小布施牧場の良い事例を今後に活用したい。

 

「きたやつハム社」の渡邊敏会員が作成中。

マニュアルができたら説明会を開催する。

長野大学 との協働 事業

 

東信自給圏構築のための食の循環と 需給についての実態調査

実施のため再調整する

調整がうまくいかず未着。

やさい バス事業

やさいバス株式会社が推進している 生産者と消費者を直接つなぐシステ

「東信スマート・テロワール地産地消研究協議会」を 立上げる

準備中。キーマンの確保に苦戦している。 JA上田、JA佐久に、再三呼びかけているが応 答がない。